のほほん手作りの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供たちのこと(その1)

<<   作成日時 : 2005/12/07 16:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最近は、みんなが出掛けて、私一人が家に残る日が多くなりました。
でも、2年ほど前までは想像も付かない状況でした。

まず、次男が病気入院し、それが少し収まった頃、三男が不登校になりました。
次男の話はまた次の機会にして、きょうは三男の話をしようと思います。

うちの子供たちは、主人の連れ子で、私は7年前、長男が大学生のときにこの家に来ました。
三男は、中学校に上がったばかりで、主人は上の二人は、もう放っておいていいので、三男に話しかけてやってくれと言っていました。おとなしいけど、よく気の付く子でもありました。

私が、真夏の暑い中、食事を作っていて、三男が通った後ふと気が付くと扇風機がこちらを向いて回っていたこともあります。
この家に主婦の居ない間、福祉事務所などに食事つくりをお願いしていて、そこのかたがおっしゃっていましたが、どんなに汗だくで帰ってきても、まずその人に冷たいお茶を出していたようです。

そんな子が、高校生になってまもなくの頃から、少しづつ休むようになり、高2のゴールデンウィーク明けからは登校できなくなりました。周りは、まったく心当たりはなく、最初は単に怠けているのだと思って主人も叱ったりしていました。
登校しようとするとおなかが痛くなるようで、何度もトイレに入ったり、整腸剤を飲んだり・・・そんな生徒が増えていると知って、主人もやっと不登校を認めるようになりました。(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私はいじめで学校に行けなくなった事有ります。
凄く辛かった。。。
昔の事、未だに話せないです。
心の傷は、見えないだけに扱うがわも大変だったでしょう。
ひさっちさんのお話、まだ途中なのにご苦労された事思うと
もう涙で画面がぼやけてます。最後まで読ませて頂きます。
マコロン
2005/12/08 01:21
***マコロンさん、ありがとう。
マコロンさんもそうだったんですか。
この記事書いていて、書きたいことがいっぱいですごく長くなってしまったので、途中で削除してしまいました。ちょっと落ち着いて書こうと思って。
でも、本人が一番つらかったと思います。
よかったらアドバイスしてくださいね。
ひさっち
2005/12/09 14:42
ひさっちさんの三男さんは、今現在は?
誰でも良いから、何でも良いから、自分の話の出来る人や
自分が夢中になれるものを持つと、救われたりします。
この先の話も読みます。
いつか私の話もお話しますね。
マコロン
2005/12/12 18:03
***マコロンさん、お返事遅くなってすみません。
まだまだ続いて書いています。もちろん今の様子もお話します。
長くなってごめんなさい。
マコロンさんのお話、聞かせていただけるときを待っています。
でも無理しないでくださいね。
ひさっち
2005/12/14 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供たちのこと(その1) のほほん手作りの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる