のほほん手作りの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供たちのこと(その2)

<<   作成日時 : 2005/12/09 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

三男が完全に登校しなくなるまで、いろんなことをやってみました。

内科、心療内科などの病院に連れて行ったり、福祉事務所の児童相談係に相談したり。携帯電話も買って、クラスの友達と連絡できるようにしたり、主人もキャッチボールの相手したり。三男も私がおなかの薬を買ってくると、飲んでみると言って飲んでは、出掛ける準備をしていました。
なぜか、部活だけは行ったりしていました。野球部だったんです。
でも、やはり登校しようとすると、苦しくなるみたいで・・・。教室の緊張感がだめだと言ったことがあります。

そのうち、病院も行ってくれなくなりました。信頼できなくなったのかも知れませんが、病院に連れて行くのは、病気を認めさせることになるのでやめたほうがいいとも聞きました。
私は、知り合いの人から聞いて、息子さん2人とも中学生で不登校になり、その後10年も引きこもりになって、今はそういう人の支援活動をやっている人に話を聞いたり、心の健康増進センターにも相談に行きました。

カウンセラーの先生は、無理に連れて来ようとしないで、親が行動しているところを見せていると、その気になるかもしれないと、おっしゃっていました。

いよいよ、2年生のゴールデンウィーク明けから、まったく出られなくなりました。昼間は、近所の目もあるので、表に出られません。昼夜逆転の生活になりました。(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ いつもと違う 別のひさっちさんで・・・
きっと いろいろな事を思い出して書いているる事と思います。
気長に つづきを待っていますね。
ふふふ!
2005/12/10 14:50
***ふふふ!さん、ようこそ。
いつかは書こうと思っていましたが、いまだに整理できません。
どうも感情的になってしまいます。
我慢して読んで下さってありがとう。
ひさっち
2005/12/12 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供たちのこと(その2) のほほん手作りの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる