のほほん手作りの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供たちのこと(その4)

<<   作成日時 : 2005/12/15 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

結局2度とその高校には行きませんでした。
あまり通学しなくてもいい通信制の高校かな、と子供も思っていたようで、市内にある通信制の高校を回って、パンフなどをもらってきました。
そのひとつに三男が興味を示したので、主人と私と三男とで、見学に行きました。
高校の制服を着た子もいれば、年配の方もいるし、お化粧ばっちりの若い女性も。いろんな人がいろんな理由で通っているんですね。

2学期制になっていたので、10月から転校扱いで通い出しました。
今まで習得した単位は認定してもらえます。その手続きなどは全部三男が自分でしました。

その少し前に、心の健康増進センターに一度一緒に行きました。
三男と先生と2人だけで話す時間をもうけた後、今度は親と先生とで話をお聞きしました。
先生は、時間が短いので断定はできないけどと、前置きした後
「母親が亡くなったときに充分悲しんでいないのでは。それが思春期になって出てきたように思います。」
と話されました。
そういえば、と主人が思い当たったようです。
一度だけまだ母親が入退院をくりかえしていた頃、学校に行きたくないとぐずったことがあって、二人の兄が、トランプしたりゲームで気を紛らせて、励ましたようです。
それ以来、休まずに学校へ行ったと聞きました。
お葬式のときもあまり泣かなかったらしいです。人に迷惑かけると思ったんでしょうか。
ずっと我慢していたんでしょうね。
人は、悲しいときは思い切り悲しんだほうがいいんですね。

あれから、3年生になってやっと受験する気になり、夏休みから塾にも行きだしました。
塾では、やはり緊張するのか、休むこともありましたし、おなかの薬も飲んでいました。
公立の大学はだめだったけど、通えるところの私立の大学に受かって、もう2年生です。
大学でも薬を飲んでから出掛けたりしていましたが、このごろ減り方が少なくなってきました。
映画の研究サークルにも入会したようです。
本棚には、コミックや映画に関する本に混じって、悩んでいる若者のエッセイなども並んでいます。
こういうことがあってから、父親とはほとんど話をしなくなりました。
まだまだ、迷うことの多い時期だと思います。
いつか普通に話せるときが来るのを待とうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>人は、悲しいときは思い切り悲しんだほうがいいんですね。

はい、私もそういった記事読んだことがあります。
泣くべきときに自分の気持ちを出し切るくらい
思いっきり泣いていないと、なかなか笑うこともできないそうです。
最近、私も大人になっちゃって?泣いたことないから
アニメ「あらしのよるに」を見てきて、泣けたらいいなぁと思っています。
のん吉
2005/12/15 21:14
***のん吉さん、ようこそ。
女性が長生きなのは、感情をうまく表に出すことができる人が多いからとも聞いたことがあります。
男の子にあまり我慢しなさいって言わないほうがいいみたいですね。
最近は、泣くためのドラマや映画も多いですね。
ひさっち
2005/12/16 13:59
昔の教育の所為なのでしょうか?
男の子は強く人前では泣くな!!
これが前提になってしまうから、感情が表に出せない。
感情は、素直に出して良いのに。。。
男の子は出さないですよね。
マコロン
2005/12/16 22:56
***マコロンさん、そうですよね。
男の子って大変なんだと思います。
溜めてしまいがちですね。
うまく発散できないといろんなところに出てくる。
しかも随分経ってからだから、本人も訳が分からなくて悩むんですね。
自然体って案外難しい生き方だと思います。
ひさっち
2005/12/20 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供たちのこと(その4) のほほん手作りの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる