のほほん手作りの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS こぎん刺し

<<   作成日時 : 2007/01/15 09:26   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

今年の2作目は、こぎん刺しのペンケースとティッシュケースです。
これもフェリシモのキット。
こぎん刺しも初トライものです。

画像









こぎん刺しは、津軽の農家で布の保温と補強のために行われた刺し子だとか。
私にとっては、和の伝統的な手芸は初めてです。
でも届いた布は、ハーダンガー刺繍で使う布と同じ種類のコングレスという布。
布目が粗いので、刺しやすいです。
本当は、もっと目の詰まった麻や綿を使うのでしょう。
最初の一段目は、しっかり目を数えないと間違うので、気を使いましたが、
慣れてきたら、図を見なくても大丈夫です。
糸によりがかかると、絵柄がきれいに出ないので、よりをほぐしながら刺します。
ひと針ひと針刺していって、絵柄が出てくるとちょっとうれしくなりました。

画像









それぞれ裏布を付けて仕上げます。
ペンケースのファスナーを際に縫いすぎて、ちょっと閉まりにくくなってしまいました。
反省の余地ありですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
すご〜い。細かいですね。
こぎん刺しってスゴイ和風の感じだと思ってましたけど。
この柄ステキ!モダンな感じです。(いまどきモダンなんて言いませんね。)
チョコぱんだ
2007/01/15 12:43
***チョコぱんださん、
モダンですか。
たぶん、伝統の柄そのものではなくて、少しアレンジしてあるのではないかと思います。
連続模様になっていますが、一部だけ使ってワンポイントにしてもよさそうですね。
ひさっち
2007/01/15 13:39
一目一目が模様を形成しているんですね〜。なんだか感心してしまいました。根気のいる手仕事ですね。クロスステッチとはまた別ものの、和風の柄で素敵ですね。裏布もついていて、凝ったつくりになっていますね〜。一度作り方の図を見てみたい衝動にかられます。頑張れひさっちさん。(*^_^*)
けろよん
2007/01/15 18:27
すご〜い!可愛い♪
和風とは思えないデザインですね。
チョコぱんださんと同じく、モダンだなぁと思いました。
糸の色も素敵な色だわ〜。
フェリシモのカタログは10年以上とっていますが
自分では気に留めなくても人が作ると自分も作りたくなっちゃいますね〜。あのカタログ、見るたびにやりたいものがたくさん出てくるので、あえてサラリと見ていて気づかなかったのかな〜。
ツェツェ
2007/01/15 21:48
***けろよんさん、
日本の手芸も、なかなかいいものがありますね。
再発見しました。
フェリシモの作り方は、とても丁寧に書いてあります。
初心者向きだと思いました。
ある程度出来る人にはうるさいくらいだと思います。
今度UPするときは、作り方の図も少し(著作権があるので)お見せしますね。
ひさっち
2007/01/16 14:14
***ツェツェさん、
フェリシモ暦、なが〜い!
みんなすごいなあ、前向きで。
自分では見過ごしていても、人が作っていると目を向けてしまうっていうことはありますね。
みなさん、どんなのを作っているんでしょう?
ツェツェさんも作られたら見せてくださいね。
ひさっち
2007/01/16 14:20
作り方の図を少し載せてくださるそうですね。ありがとうございます。本当にブログなどをやっていると、著作権とか、肖像権とかいろいろありそうですね。大変。(>_<)
けろよん
2007/01/16 16:19
こぎん刺しと北欧の刺しゅう、
なんか共通するとこあるみたいですね。

わたしもずっとフランス刺しゅうが好きだったのにクロスステッチにはまってるところです。
便利な道具を作り終えたところで、まだまだこれからですが、
こぎん刺しのような連続模様も楽しそう。
それにしても、挫折する人も多い中、キットを買ってちゃんと作ってしまうひさっちさん、えらいですよ!
私は挫折というより、手をつけられないまま持っているタイプです。

もったいないかあさん
2007/01/17 06:43
***けろよんさん、
もう少し待っててくださいね。
フェリシモの通販の内容でしたら、ホームページでも見ることが出来ますよ。
クチュリエで検索すると、出てきます。
そのなかにこぎん刺しも紹介されてました。
一度見てみてください。
ひさっち
2007/01/18 09:34
***もったいないかあさんさん、
どちらも寒いところでの生活の知恵から生まれたんでしょうか。
雪の降る夜に、ストーブのそばでちくちくやっている…なんて雰囲気ありますね。
クロスステッチも楽しいですね。
私はキット物が多いです。
創造力(想像力も)がないもので…
作図どおりに作るのは得意ですけどね。
そこから広がらないのが悲しいです。
作らなかったキットはどうなるんでしょうか?
ひさっち
2007/01/18 09:40
フェリシモのサイトを見ましたよ〜。こぎん刺しのページも見せていただきました。細かい。可愛い。アップでも見てしまいました。こんな風になっているんだな〜と思いました。私は、実は、ヴォーグの編み物講師の免状を持っているんですが、その関係上、何々の図というとなんとなしに見たくなってしまうのです。編み図はマイナスの記号が裏目で、縦棒が表目で・・・といろいろ図の記号があるのですが、こぎん刺しはどんな記号かなと思ったものですから・・・。ひさっちさんご迷惑おかけしてすいません。
けろよん
2007/01/18 19:24
***けろよんさん、
早速見られたようですね。
ホームページには図は載ってなかったと思いますが、
こぎんは右から左へ、次の段は左から右へと一段づつ刺していくので、方眼の図に刺す部分だけ横線が引かれてるんです。
編み物講師の免状なんてすごいですね。
私の編み物は本を見ながらのものなので、つい最近まで間違ったやり方をしていたと気付いたこともあるんです。
一度習ってみたかったと思います。
ひさっち
2007/01/18 19:36
ひさっちさんへ(*^_^*)
私はたまたま、高校を出てから編み物関係の専門学校のような教室に行ったので、編み物講師の免状は取れたのですが、まだまだ上に、指導員とか、特別講師とかありまして、これから上が大変なようです。講師は高等科と初等科の免状は出せるのですが、講師の免状は指導員にならないとだせなかったりします。上には上があるのだな〜と、講習を受けて、初めて知りました。ひさっちさんは、御自分で、勉強なさっているので、余計にすごいな〜と思ってしまうのです。なにしろ独学は大変そうですものね。
けろよん
2007/01/19 13:39
***けろよんさん、
講師にもいろいろあるんですか?
先生の先生というわけですね。
講師の資格でお仕事されたりというようなことはなかったんですか?
私は教わりたいですけど、教えるほうにも興味があります。
いろんな人に会えそうなので。
ひさっち
2007/01/19 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
こぎん刺し のほほん手作りの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる