のほほん手作りの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS おでかけ

<<   作成日時 : 2007/01/18 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

きのうふと目が覚めて、時計を見たら5時46分!
えっと思いました。
それから眠れません。

起きてからもなんとなく暗い気持ち。
新聞もテレビも、震災の特集ばかり。
忘れたいのではなく、忘れられないけど、
家に居ると涙が出そうなので、出掛けることにしました。

少し前にチケットを頂いていたので、
「与勇輝 人形芸術の世界」展へ。

画像








私の子供の頃よりずっと前の時代の風景ですが、
ほっとする世界が広がっていました。
たくさんの兄弟で育って、上の子が下の子の面倒を見て、
家の手伝いもして。
着物はツギがあたってるけど、心豊かだった時代が
日本にもあったんだと言っているような作品たち。

震災のときも、みんな優しくなれたんだから、
平和な世界も作れるはずだと思うんですけどね。

人形はみんなすごく細かく出来ていました。
手や足の指も長いし、着物もきちんと縫ってあって、
ちゃんと立っている。
感動的でしたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ひさっちさんへ(*^_^*)
震災からもう随分たちますが、皆まだ忘れられないことのようですね。
それはそうと、与勇輝さんの人形は本当にリアルですね。私はさだまさしさんのファンなのですが、家族の肖像というCDのジャケットに与勇輝さんの作品の後ろ姿が載っています。前も見たい感じでしたが、残念ながらみられませんでした。私も東京の百貨店が主催した、与勇輝さんの作品展に行ったことがありますが、表情も人間らしくてすごいな〜と感心してしまいました。あんな細い足で立っているし・・・。あの人のようになりたいと思う反面、なれない自分がここにいることを痛切に感じました。
けろよん
2007/01/19 16:22
***けろよんさん、
震災関連のニュースなどを見ると、いまだに泣きそうになります。
今でもまざまざと状況が浮かびます。
家族や家を失った人には、とてもつらいことだったと思います。

与さんの人形は後姿もきちんと作ってありますね。
今回の作品の中には、鏡が置いてあって、後ろもちゃんと見ることが出来ました。
みんな姿勢がいいです。
ひさっち
2007/01/19 20:14
ひさっさんへ(*^_^*)
元気を出してくださいね。家の母は、震災が起こった直後、ニュースを見ていて、震災を知ったのですが、いまだに、あの時の惨事は目に浮かぶそうです。私といえばなさけなくて、あの時は画面を凝視できませんでした。その時亡くなった人の分まで、ひさっちさんがてづくりをして、皆に見せることで、勇気が出たり、気持ちがなごんだりする人もいるのですから、(私などもそうですが)どうぞ、手作りをつづけて、また沢山の人を楽しませてください。それがひさっちさんのできることの気がします。私といえば何もできずに、ただこうして、メールしているだけなので、ちょっと恥ずかしいですか・・・。(*^_^*)
けろよん
2007/01/19 23:29
***けろよんさん、
お返事遅れてすみません。
忙しい日がちょっと続きましたが、また今日から手作り続けます。
何を作っているかは、出来てからのお楽しみにしておいてください。
私の手作りで誰かが楽しんでくれると思うと、元気がでます。
ありがとう。
ひさっち
2007/01/22 07:54
お久しぶりでーす。
今年もよろしくお願いしますね。
私も 去年与さんの作品展見ました。地方にも来てくれてうれしかったです。 引き込まれますよね。
何とも言えない 表情としぐさ。
以前 テレビでアトリエが写っていましたけど ただただ感嘆のみです。
でも ひさっちさん作るお人形の表情も 私は大好きです。
ふふふ!
2007/01/26 15:56
***ふふふ!さん、
よかったよかった、また会えましたね。
今年もよろしくお願いします。
与さんの人形の世界は、本当に人を惹きつけますね。
パリの人たちも絶賛されてました。
私のお人形ももう少し人を惹きつけられるよう、頑張ります。
ありがとう。
ひさっち
2007/01/26 16:49
ひさっちさんこんばんは
与さんの人形は大好きなので昨年は5月に2回人形展に行きました。
郷愁をさそう人形にはいつも惹きつけられますが、あの人形たちには
まるで魂が込められているようですね〜〜

今週は今年初めての人形教室があったのですが
今回はマリ先生と助手の先生の他に
京子先生がお手伝いに来て下さいました。
今回はペアの人形の仕上げだったので
マリ先生がお願いして来ていただいたようです。

私たちはお店や展示会でお会いする機会はあっても
授業でお会いする事はないのでこんな風に突然お見えになると
とても嬉しいです。京子先生ファンの私は大感激でした(^^)
今回のペアの人形はあと男の子がもう一息です。
完成したらまた見にきてくださいね!


たんぽぽ
2007/01/27 00:03
***たんぽぽさん、
与さんの人形ファンは本当に多いですね。
みんな存在感あって、和みますね。

京子先生、講座にお見えになったんですか。
いつも京都だけに来られているので、5月に来られたときは「今日が仕事始めなの」とおっしゃって、11月に来られたら、「今日が仕事納めなのよ」とおっしゃってます。
でも講座以外では大活躍されてますよね。
私は毎回お会いできて、うれしいですが、京子先生に鋭く指摘されるのがこわくて、こっそり助手の先生に尋ねたりすることもあります。
あまり初歩的なことは、尋ねられません。
お人形の完成、楽しみに待ってますね。
ひさっち
2007/01/27 14:21
こんばんは
私も何年か前に見に行きましたよ。
昔NHKで与勇輝さんの人形を作るのをやってました。
作ってみたいと思って、見てましたが難しかったことを覚えてますよ。

思わず微笑んでしまう人形ですよね。
徹子の部屋にも飾ってありますよね。(今もかな?)
日本的なのもいいけど、おとぎの国から出て来たような物も素敵ですよね〜
きゆみ
2007/01/28 23:01
***きゆみさん、
与さんの世界は誰にもまねできないなあと思います。
私も一部作成の様子を見たことがありますが、
とても作れそうにはなかったですね。
ディズニーランドの依頼で作られたフェアリーの人形も、今回出ていました。
オーガンジーの衣装を着たさまざまな表情のフェアリーもキュートでしたよ。
ひさっち
2007/01/29 07:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
おでかけ のほほん手作りの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる